倉庫計画┃法人の強い味方・トランクルームを活用しよう

女性

物流システムの変化

Eコマースによる倉庫の利用増大

不動産

最近の物流の世界の変化はドラスチックになっています。倉庫といえば湾岸地域や急行の近くに保管用の倉庫が集中して設けられていました。一時期は冷凍品や冷蔵品の保管も問題が発生して冷凍冷蔵倉庫の増加に繋がりました。最近ではITの進歩によってネットショッピングが発展したため既存の倉庫では対応できなくなっています。従来は補完が目的でしたが、最近ではネットショッピングに対応して即日には仕分け作業が終わって配達しなければならないため、こうした物流の変化に対応する大型で作業スペースがある物流倉庫の建設が増加しています。こうした施設では搬送用の車がどこにでも付けるようになっているために上層階まで上がれるようになっています。

効率的な活用が望まれる

現在は物流の世界もグローバルな競争にさらされています。日本では従来は輸出を目的とした港湾整備が行われておりました。しかしながら長く続いた円高の影響もあり。日本からの輸出が競争力を失ったため、倉庫業が経営の危機を迎えることになりました。日本の倉庫業者は一部を除いて零細な業者が多いため、景気の変動に対す津対応力が不足しています。外資系の物流業者の参入によって物流マーケットは拡大しているものの、日本企業に対する恩恵は限定的になっています。資本力のある物流業者によるM&A案件への取り組みも、日本の倉庫業者にとっては逆風になっています。今後は日本の倉庫業者も連携をとって規模の拡大を通じて外資系の物流業者と競争をする必要があります。