住宅診断で持ち家の状態をチェック【売却前に調べておこう】
ロゴ

メンテナンスをするべき?「住宅診断で売却前に劣化状態を確認」

いろんな種類の診断方法があります

住宅に関する診断方法には、様々な種類があります。耐震診断と住宅診断では、診断出来る内容がことなるためどんな違いがあるのか確認しておきましょう。

耐震診断と住宅診断の違い

耐震診断

建物の耐震性を計るために行なうのが耐震診断のため、耐震性に関係のない部分は診断することができません。地震が発生したときの住宅の安全度や補修しておくべき部分などを教えてもらうことができます。

住宅診断

建物がどのぐらい劣化しているのか、施工制度の高さなどを確認するのが住宅診断です。家を長く使い続けるために、メンテナンスしたほうがいい部分などを教えてもらうことができるでしょう。

住宅診断で持ち家の状態をチェック【売却前に調べておこう】

室内

住宅診断でチェック

タワーマンション売却を考えている人は、事前に住宅診断で持ち家の状態を確認しておきましょう。見えない部分が劣化している可能性が高いため、売却前にしっかりメンテナンスした方が安心です。

集合住宅

依頼する不動産会社は選ぼう

兵庫でマンション売却をするとき、不動産会社に物件の宣伝・売却を依頼する人は少なくありません。その方が、手間を省くことができ好条件で売却してもるえるからでしょう。しかし、依頼する前に不動産会社についてしっかり調べておかなければ、逆に手間がかかってしまったり、なかなか売却が決定しないといったトラブルの原因になるため気をつけてください。

売却前に確認することが大切

タワーマンションやマンションの売却をを考えている人は、売る前に住宅診断で住宅の劣化具合をしっかり調べつつ、売却依頼をする不動産会社についても調べておきましょう。事前に確認しておくことで、安心して売却することができます。